持久力とは

カテゴリー : 持久力について

持久力とは長くもちこたえられる力を意味します。
もう少し具体的言うとどれだけ長い時間体を動かしていられるか、このことを意味します。
どれだけ走っていられるか、どれだけ立っていられるか、どれだけ重い物を持っていられるか、
これらはすべて持久力が関係します。
瞬間的に大きな力を発揮する場合には瞬発力が必要です。

持久力には全身持久力と筋持久力があります。
全身持久力は心配能力の高さのことを、筋持久力は筋力のことを言います。
持久力を高めるにはどちらか一方だけではなく、両方鍛えることが必要です。

持久力を高めるためには、低負荷の運動を繰り返し行うことが必要です。
代表的な運動は腕立て伏せやジョギングなどのトレーニングです。

持久力は言い換えればスタミナとも言えます。スタミナには酸素が不可欠です。
酸欠になれば体力がなくなり動けなくなります。
このために食事も重要な部分があります。
スタミナ弁当などというものもありますが、酸欠にならないためにも鉄分の摂取が大切です。
酸素を多く取り込み体内で使用できれば長時間の運動も楽になり、持久力も高まります。

持久力アップには体を作っていきながらトレーニングして体の機能も高めることが最適です。

テーマの切り替え : スマホ版を表示