全身持久力を高めるには

カテゴリー : 持久力について

全身持久力を高めるということは心配能力を高めるということになります。
長時間体を動かせる能力に関係していると言えます。
運動を行う場合は全身を使う運動が適しており、
ジョギング、水泳やサイクリングなどが最適の運動です。

このように全身の能力を高めると肺や心臓が鍛えられ、
呼吸器系や循環器系の動きが活発に働くようになり、
酸素を全身に供給する能力も高まり長時間の運動も可能になっていきます。
全身持久力を高めることはスタミナアップにも繋がりますが、
粘り強さの強化にも繋がります。

トレーニングを行う場合は持続トレーニングとインターバルトレーニングがあります。
持続トレーニングでは一定の負荷で長時間走り続けるトレーニングです。
ランニングを行う場合は20分~30分ほどの時間から始めましょう。

インターバルトレーニングは高負荷と低負荷を繰り返すトレーニングです。
ランニングなら全速力で走った後に少し休憩しまた全速力で走るというのを繰り返します。
ボクシングなら1分間サンドバックを叩き1分間休憩しまた1分間サンドバックを叩くのを繰り返します。
効果は非常に高いですが体の負担は大きいので注意が必要です。

テーマの切り替え : スマホ版を表示