持久力と食事

カテゴリー : 持久力について

持久力を高めるためには食事は大切です。
体が資本という言葉もあるように体が動かなければ持久力どころの話ではありません。
また、特に持久力を維持するのに大切な栄養素もあります。

まず糖質が重要な栄養素です。
糖質は消化されるとブドウ糖に分解されます。
そしてそのブドウ糖の一部がグリコーゲンとして筋肉や内臓に蓄えられます。
グリコーゲンは筋肉を動かすためのエネルギー源です。
糖質はグリコーゲンになり体内に蓄えられる量は少なく限りがあります。
日々の食事でしっかり補給するべきでしょう。
また糖質をしっかり摂取していれば運動しても疲れも溜まりにくくなります。

もう一つの重要な栄養素は鉄分です。
鉄分は血液中の酸素を運ぶ役割に密接しており、ヘモグロビンを作るのにも欠かせません。
鉄分が不足すれば運動しても酸素を体内に運べずにすぐに疲れてしまいます。
また貧血になるおそれもあります。
鉄分を摂取する場合は鉄分は吸収率が悪いので、
吸収を助けるビタミンCも一緒に摂取すると良いと言われています。

更にタンパク質は体脂肪を効率よくエネルギーに変える働きがあり、
ダメージを受けた筋肉を修復するのにも欠かせないのでタンパク質も積極的に摂取すると良いでしょう。

テーマの切り替え : スマホ版を表示